このページのトップです。



sendmailの仕様について

sendmailコマンドパス

sendmailコマンド名と実行パスは以下の通りです。

sendmailコマンド名: sendmail
sendmail実行パス: /usr/lib/sendmail

sendmailのfromアドレス

sendmailコマンドでは、-f オプションでfromアドレスを指定しない場合、お客様のBIGLOBEメールアドレスがfromアドレスに設定されてメール送信がされます。 BIGLOBEメールアドレスがfromアドレスに設定された状態でメール送信をしたくない場合は、-f オプションでfromアドレスの変更をしてください。 -f オプションについては、以下の「sendmailコマンドのオプション」をご確認ください。 フリーのCGIなどからsendmailコマンドを利用されている場合の -f オプションの使い方については、CGIの提供元にご確認ください。

sendmailコマンドのオプション

sendmailコマンドで指定できるオプションは以下の通りです。

-t
宛先メールアドレスを、メール本文中のメールヘッダ(To/Cc/Bcc)から取得します。
-f address
-f の直後に指定された文字列を、fromアドレスとして使用します。
-F COMMENT
-F の直後に指定された文字列を、From行のコメント文字列として保持します。
-i/-oi/-o i
メール本文中の、”.” のみの行を本文の終了と見なさないようにします(本文中の、 “.” のみの行を無視します)。

-i/-oi/-o i は同じオプションが指定されたものとして扱います。

--
このオプション以降の引数を、オプションではなく宛先メールアドレスとして扱います。

sendmailコマンドで指定できるメールアドレス文字列

sendmailコマンドのメールアドレスに指定できる文字列は以下の通りです。

"@"を一つだけ含むこと
A-Z: 1バイトのアルファベット大文字
a-z: 1バイトのアルファベット小文字
0-9: 1バイトの数字
記号: 「!」exclamation mark
  「#」number sign
  「&」ampersand
  「'」apostrophe
  「*」asterisk
  「+」plus sign
  「-」minus sign
  「.」dot
  「/」slash
  「=」equal sign
  「?」question mark
  「^」circumflex accent
  「_」underscore
  「`」backquote
  「{」left curly bracket
  「|」vertical line
  「}」right curly bracket
  「~」tilde


お知らせ

2014年10月10日

お客様の掲示板に海外から大量のスパム攻撃(不正な書き込み)があり、サーバが高負荷状態になる現象が発生しております。

詳細はこちら



まりんの解決ナビ

BIGLOBEサイト内からお探しの情報を検索したり目的の情報へナビゲートします。

よくあるご質問(FAQ)

メンテナンス情報

現在、予定しているメンテナンス作業はありません。